交通事故示談.com

【双方の責任について】 過失割合とは

過失割合とは、事故の過失や責任の割合のことで、双方の不注意や法律、ルール違反の度合いを%であらわすものです。過失割合に応じて損害賠償をします。交通事故では、双方に責任がある場合がほとんどであるといえます。そこで、賠償額が多いほうがもらう金額を相殺して支払うことを、過失相殺といいます。過失割合が多いほうが必ずしも賠償額が多くなるとはいえず、新しい高級車と古い原付の事故などでは、車の過失が大きくても賠償額が高くなり、過失相殺で過失の少ないほうが支払うということもありえます。

過失割合には、事故の状況に応じて目安があります。保険会社などでは、別冊判例タイムズという判例を基にした本を参考にします。

過失割合が基本的に100:0とされ、全面的に賠償義務があるとされる事故には、「車が歩道や歩行者専用道路を通行する歩行者と事故」「信号のない横断歩道上の歩行者と事故」「センターラインオーバーして対向車と事故」「走行中や停車中の車に追突」「赤信号で走行し青信号の車と衝突」などがあります。これら以外はほとんど双方に責任があるといえます。

過失割合は、道路の形状や走行方向などによって変わってきます。たとえば車同士の場合、優先道路を通行している車とそうでない車では10:90、道幅が明らかに違う場合広いほうの車と狭いほうの車では30:70、後続の直進車と進路変更車では30:70などです。バイクや自転車と車の事故では、同じ状況でもやや車に不利な割合となります。しかし、これらは基本割合であり、それぞれの事故の状況などによって修正要素が考慮されます。スピード違反や合図の有無などといった過失によって、割合が修正されます。また、歩行者との事故の場合、歩行者が幼児や身体障害者、車椅子利用などによっても変わってきます。事故の当事者になった場合は、事故時の様子を忘れないように、メモや写真などでしっかり記録しておきましょう。


→示談交渉を勝利に導いた経験者が暴露する、交通事故の示談交渉【極秘】裏マニュアル◇交通事故専門行政書士への電話相談付き!


▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2017 交通事故示談.com All Rights Reserved.