交通事故示談.com

【人身事故の賠償】 後遺障害の損害

人身事故で相手方に後遺障害を負わせてしまった場合は、後遺症による損失利益や後遺症に対する慰謝料についても補償しなければなりません。後遺障害とは、後遺症のことで、治療を続けても完治せず、病気や障害などが半永久的に残る状態のことです。後遺障害は、それまでの仕事を続けられなくなったり、介護を要したり、様々な面で本人や周囲の負担が増えることが予想されます。医師からこれ以上はよくならないと判断されることを症状固定といいます。症状固定が確定したら、医師に後遺障害診断書を書いてもらいます。

後遺障害の状態に応じて、等級や補償額が決まります。自賠責保険における後遺障害の等級は、1〜14等級まであります。傷害等級表を参考にしますが、二つ以上に当てはまる場合は、重いほうの等級にしたがったり、例外として等級を繰り上げたりします。また、すでにあった障害が事故によって重くなった場合には、事故前の等級を差し引いた差額の補償となります。そのた、味覚や嗅覚の障害など、傷害等級表にないものについては、個々で判断されます。

後遺症によって労働能力が減少してこれまでの仕事に就けなくなったり、仕事を変えなければならなくなったことによる収入減分も補填しなければなりません。これも、傷害の程度や性別や年齢や職業、事故前の収入などによって異なります。軽傷で道東の仕事に復帰できると思われる場合などは、個々に判断されます。今後仕事を止めたり変えねばならない場合に補填するのは、就労可能な年齢までの分となります。しかし、単純に失われる収入の分全額を補償するのではありません。一度に今後の収入を受け取り運用すると、賠償額が損害額以上になってしまうので、中間利息を差し引いた額を補償することになります。


→示談交渉を勝利に導いた経験者が暴露する、交通事故の示談交渉【極秘】裏マニュアル◇交通事故専門行政書士への電話相談付き!


▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2017 交通事故示談.com All Rights Reserved.