交通事故示談.com

【交通事故で使う保険】 健康保険利用のススメ

交通事故によって怪我などをした場合、労災保険や健康保険は必ず使いましょう。労災保険や健康保険を利用した場合、後日それぞれの保険から加害者に求償されます。

業務中や通勤中の交通事故の場合は、労災保険が適用されます。ただし、寄り道などで通勤経路から外れているなどという場合には、その理由によって対象外となってしまう場合もあります。業務中や通勤中の交通事故の場合、人的被害については相手方の自賠責保険と労災保険に請求できますが、双方で調整されますので、両方の保険から総取りすることはできません。なお公務員の場合は、公務災害保険です。労災保険は、示談がされていなくても、100%過失があっても支払われます。労災保険の請求については、大抵勤務先の担当者が手続きをしてくれます。また、アルバイトやパートでも加入されています。

労災保険を使える場合には、健康保険は使うことができません。労災保険は、健康保険のように自己負担しなくてすみます。しかし、健康保険が使用できないので、自由診療で治療費も高額になります。自賠責保険は慰謝料や治療費などすべて合わせてでの上限額になりますので、慰謝料としてもらう分を置いておくため、先に労災保険を請求するようにしましょう。

また、交通事故が業務中や通勤中以外の場合は、健康保険を使うことができますので、必ず使いましょう。一部の病院では、交通事故では健康保険を使うことができないという場合がありますが、それは誤りです。健康保険を使われるよりも、自由診療のほうが高額になるので、病院にとっては売り上げがあがるため、誤った説明をしているようです。自由診療でしかできない治療方法もありますが、そういった治療方法をどうしても用いなければならないといったことはごくまれです。健康保険を使うことによって、被害者の負担も軽くなりますので、必ず健康保険を利用しましょう。

労災保険同様、自賠責保険の慰謝料分をとっておくために、健康保険を先に利用しましょう。


→示談交渉を勝利に導いた経験者が暴露する、交通事故の示談交渉【極秘】裏マニュアル◇交通事故専門行政書士への電話相談付き!


▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2017 交通事故示談.com All Rights Reserved.