交通事故示談.com

【交通事故で使う保険】 任意保険の自分に対する補償

自賠責保険と違い、任意保険は自分の物損や怪我に対しても保険をかけることができます。

■車両保険:
自分の車に損害が出た場合、損害を補償してくれます。保険金額は、車の年式や車種などから時価に近い金額をかけることになります。事故率の高い車種は保険料率が高くなります。一般的に、軽自動車や中高年向けのセダンは事故率が低く、スポーツカータイプは事故率が高いとされます。車両保険に加入すると保険料が高くなりますので、車両保険の種類や免責金額の設定によって、自分に合う契約を選びましょう。

節約できる車両保険としては、エコノミーというものがあります。エコノミーでは、相手が特定できる他車との衝突によるものしか補償されません。高級車などでは盗難事故も考慮すると、エコノミーでは不十分かもしれません。エコノミー+A特約では、エコノミーに加えてアクシデントとしておこりうる盗難、台風、洪水、落書き、飛び石などの場合も補償されます。通常の車両保険では、他車の確認ができない当て逃げや単独事故も含む車両の損害全般について補償されます。もし、免許を取って間がない方や運転に自身のない方が運転する場合は、通常の車両保険にしておいたほうが無難でしょう。

■人身傷害補償保険:
被保険者が死傷した際に、加害者の賠償の有無に関係なく、自分の保険から補償してもらえる保険です。相手方から過失相殺された場合、相殺された分ももらえます。

■無保険車傷害保険:
契約者や同乗者などが、事故で死亡または後遺障害を負った場合、相手方の任意保険がないなどで十分な賠償を受けられない時に支払われます。自賠責保険だけでは不十分な時に役立ちます。

■搭乗者傷害保険:
事故によって死亡、後遺障害、怪我を負った場合に支払われます。過失割合に関係なく、症状で金額を定めたり、治療日数で保険金が決まります。

■自損事故保険:
運転者などが、単独事故などで死亡または後遺障害を負った場合、支払われます。


→示談交渉を勝利に導いた経験者が暴露する、交通事故の示談交渉【極秘】裏マニュアル◇交通事故専門行政書士への電話相談付き!


▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2017 交通事故示談.com All Rights Reserved.