交通事故示談.com

【交通事故で使う保険】 自賠責保険とは

自賠責保険は、例外を除いて法律ですべての車やバイクに加入の義務が課せられている保険です。加入が義務として強制されているので、強制保険とも呼ばれています。自賠責保険は、交通事故による人的被害を最低限補償するためのものです。物的損害は対象外です。また、自損事故や運転手本人には支払われません。

自賠責保険の金額は法律で決まっていて、どの会社で加入しても、すべて一律の保険金額となっています。死亡で3000万円、後遺障害で75万〜4000万円、障害で120万円の範囲で支払われます。これは、一つの車両が一人に対する金額で、複数車両からの被害を受けた場合は、これに台数分をかけた額までが上限となります。自賠責保険は、同乗者にも支払われますので、助手席に乗っていて他の車との衝突事故に遭った場合は、2台から請求できます。

自賠責保険は被害者救済に重きを置いているので、過失相殺についても細かくされませんが、被害者が7割以上の重過失の場合は減額されます。

自賠責保険は、加害者からも被害者からも請求することができます。加害者請求は、加害者が損害賠償をした後に、領収書や振込みの明細などを提出して保険金請求するものです。被害者請求は、被害者が加害者の自賠責保険会社に請求するものです。加害者からの支払いが滞った場合など、直接請求できます。また、当面の生活や治療に必要なお金が立て替えられない場合は、示談まで待たずとも、仮渡金請求や内払金請求といった形で一部金を受け取ることもできます。相手方が任意保険に加入していれば、相手方の任意保険会社が自賠責保険も対応し、支払いをしてくれ、任意保険会社が自賠責保険に請求する一括払いという形も一般的に行われています。

自賠責保険はある程度の補償をすることはできますが、人的被害の大きさによっては不十分なこともあります。


→示談交渉を勝利に導いた経験者が暴露する、交通事故の示談交渉【極秘】裏マニュアル◇交通事故専門行政書士への電話相談付き!


▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2017 交通事故示談.com All Rights Reserved.