交通事故示談.com

【交通事故にあったら】 事故から解決までの流れ

事故の届出などをすませたあとの流れは、ごく簡単に言えば、人的被害や物的被害の損害額を確定して、示談などで解決するといったものです。

事故で怪我をしていれば、治療することが何より大事です。また、車などの損害額を確認したり、必要があれば代車等を手配してもらうためにも、事故後すぐにディーラーや修理工場へ運びましょう。

示談は、怪我が完治するか、症状固定(これ以上は症状がよくならないと医師に診断されること)の後に、考えます。それまでは損害額が確定できないからです。治療が長引く場合には、当面の治療費や休業補償などに困るかもしれませんが、これらは示談の前に請求することもできます。基本的に、一度示談した後はそれを覆すことはできません。示談や賠償が済んでいると刑事罰がやや軽くなることもあり、相手方に治療を切り上げるよう急かされることがあるかもしれません。しかし、怪我の治療について自分が納得できるまで、簡単に示談しないようにしましょう。

怪我が完治や症状固定となったり、車などの損害額が確認されると、相手方や相手方の保険会社から示談交渉をもちかけられます。納得できる内容か、よく確かめましょう。もし、電話や面談での口頭ではわかりづらい部分があれば、書面やFAXなどで説明を求めてもよいでしょう。自分の保険会社や、ディーラーや修理工場(任意保険の代理店をしていることがほとんどですし、特に車などの損害については詳しい人が多くいます)に、妥当な金額であるか相談してみるのもよいでしょう。

提示された内容でよければ、示談書などを交わして示談成立です。時間や手間や費用がかかりますが、どうしても示談できない場合には、示談不成立となり、調停や裁判にて解決します。


→示談交渉を勝利に導いた経験者が暴露する、交通事故の示談交渉【極秘】裏マニュアル◇交通事故専門行政書士への電話相談付き!


▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2017 交通事故示談.com All Rights Reserved.