交通事故示談.com

【交通事故にあったら】 事故の責任

交通事故を起こした場合には、刑事上と行政上と民事上の責任が生じる可能性があります。これらは互いに全く関係はありません。たとえば、行政処分を受けて反則金を支払ったとしても、刑事処分や民事処分が免除されることはありません。

■刑事上の責任:
刑法違反におけるもので、業務上過失致死傷、危険運転致死傷、重過失致死傷などの処罰が科される場合があります。被害者の怪我の度合いによっては刑を免除してもらえることもあります。逆に、飲酒運転などの危険行為があれば、刑が重くなることもあります。刑事と民事は全く関係がないのですが、示談が成立済で賠償しているかどうかによっても、刑が軽くなることがあります。そのため、加害者側から示談を急がされるといったことがよく聞かれます。

■行政上の責任:
道路交通法違反の場合、違反点数が課せられます。違反点数によって、反則金や免許停止や免許取り消しといった行政処分を受けます。たとえば、死亡事故の場合は即免許停止になります。

■民事上の責任:
民法と自賠法によって、相手方の人的被害や物損を賠償する責任です。示談や調停や訴訟によって解決します。自賠責保険や任意保険で支払うことが多く、保険で対応してもらえるのはこの民事上の責任部分になります。たとえば、人的被害については治療費・入院費・慰謝料などがあります。物的被害については、修理費、買い替え費用などがあります。

これら以外に、道義的な責任もあるといえるでしょう。よく保険会社にすべて任せたからといって、相手方にお詫びの連絡などもいれないままほうっておくということが聞かれます。少なくとも怪我などのあった場合は、相手方に具合を尋ねるなどするべきでしょう。一言がないばかりに示談が必要以上にもめて長期化することもありますので、特に怪我などを伴う場合は道義的な責任があるということを自覚し、相手に誠意を見せることが大切です。


→示談交渉を勝利に導いた経験者が暴露する、交通事故の示談交渉【極秘】裏マニュアル◇交通事故専門行政書士への電話相談付き!


▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2017 交通事故示談.com All Rights Reserved.