交通事故示談.com

【交通事故にあったら】 事故後にすべきこと

交通事故は、めったに起こることではありませんし、突然事故に合うと動揺してしまうかもしれません。しかし、事故後にすべきことはたくさんあります。一つ一つこなしましょう。自分だけの事故のとき(壁などにぶつかるなどの単独事故)と、他人との事故によっても変わりますが、他人との怪我があった事故の場合にすべきことは、主に以下の通りです。

■車などを邪魔にならないところへ移動させる
他の交通の邪魔にならないように、また二次災害を引き起こさないために、移動できるようであればすぐ安全なところへ車を移動させましょう。交通量が少なく余裕があれば、動かす前の状況を携帯カメラなどで撮影しておくと事故状況がわかりやすくなります。

■怪我の度合いによっては救急車を呼ぶ・警察に連絡し、実況見分を行ってもらう
まずは怪我人の治療と警察への連絡が大切です。当事者ができない場合には、周りの人に頼みましょう。怪我のある事故の場合、人身事故届けをしていないと保険が下りないこともありますので、必ず警察を呼びましょう。もし見た目に何もなくても、追突などの場合は後でムチ打ちに気づくといった事もよくあります。あとでもめないためにも、軽い怪我だと思っても病院に行っておくことをおすすめします。

■相手方を確認する
運転免許証を見せてもらい、住所、氏名、本籍(戸籍で住民票を確認できる)、勤務先などを控えておきましょう。ナンバーも控えておきましょう(陸運局で登録事項証明を調べられます)。名刺などがあればもらっておきましょう。電話番号も聞いておきましょう。未成年であれば親御さんに連絡をできるよう、自宅の番号を聞いたり、その場で一報を入れておくとよいでしょう。

■自賠責保険や任意保険を確認する
自賠責保険、任意保険の会社、証券番号、連絡先も聞いておきましょう。

■目撃者を確認する
目撃者がいれば、連絡先を聞いておきましょう。可能であれば、証言を残しておきましょう。重大な事故になると、目撃者の証言が役に立つかもしれません。

■相手方の主張を確認する
事故から時間がたつにつれて、記憶があいまいになったり、責任がないと言うようになることもあります。事故直後の言い分を残しておきましょう。

■被害物や現場の状況を確認する
車などの損害部分をできれば写真で摂っておきましょう。携帯カメラでもかまいません。道路のスリップ痕なども重要な証拠になることがあります。現場の道路状況なども控えておきましょう。

■保険会社に連絡する
自分の保険会社に連絡をして、対応をお願いしましょう。保険を使うかどうかは、損害額などによって後で考えてもよいことです。また、請求できる保険がないか漏れのない様に確認してもよいでしょう。

[リンク]鉄鋼メーカーの採用を探すにはここ


▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2017 交通事故示談.com All Rights Reserved.