交通事故示談.com

交通事故にあったら

事故後にすべきこと

交通事故は、めったに起こることではありませんし、突然事故に合うと動揺してしまうかもしれません。しかし、事故後にすべきことはたくさんあります。一つ一つこなしましょう。自分だけの事故のとき(壁などにぶつかるなどの単独事故)と、他人との事故によっても変わりますが、他人との怪我があった事故の場合にすべきことは、主に以下の通りです。 →続きを読む


示談交渉を勝利に導いた経験者が暴露する、交通事故の示談交渉【極秘】裏マニュアル◇交通事故専門行政書士への電話相談付き!

交通事故にあったら

自賠責保険とは

自賠責保険は、例外を除いて法律ですべての車やバイクに加入の義務が課せられている保険です。加入が義務として強制されているので、強制保険とも呼ばれています。自賠責保険は、交通事故による人的被害を最低限補償するためのものです。物的損害は対象外です。また、自損事故や運転手本人には支払われません。 →続きを読む

人身事故の賠償

傷害時の損害

人身事故で相手方に障害を負わせた場合の補償内容には、治療費などのように実費でかかるもの、仕事を休むなどによる収入源を補うもの、苦痛などに対する慰謝料があります。治療費や入院費については、必要性や相当性がないもの以外は、原則かかった全額を補償します。しかし、入院中の個室料や特別室料については、治療で必要とする場合や通常室に空きがなかった場合のみが対象となります。 →続きを読む

物損事故の賠償

修理可能な場合

事故による車やバイクが修理ができる損害の場合に賠償請求できるのは、修理費などがあります。修理費とは事故によって破損したり紛失したりした部分を、事故前の状態に修理する費用です。板金で治る部分を取り替えたり、一枚のドアの破損取替えで済むところを色を合わせるために他も替えてしまったりなどというような、過剰な修理は認められません。 →続きを読む

双方の責任について

過失割合とは

過失割合とは、事故の過失や責任の割合のことで、双方の不注意や法律、ルール違反の度合いを%であらわすものです。過失割合に応じて損害賠償をします。交通事故では、双方に責任がある場合がほとんどであるといえます。 →続きを読む

困った時には

ひき逃げや無保険車との事故

事故に遭った時に、相手方が保険に加入していて、きちんと賠償してくれればよいのですが、必ずしも相手がわかり、支払能力があるとは限りません。たとえばひき逃げされて賠償請求する相手がわからない場合や、無保険車による事故で相手に賠償能力がなく支払いを受けられない場合、国が代わりに補償してくれる制度があります。 →続きを読む


▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2017 交通事故示談.com All Rights Reserved.